2011年 04月 08日 ( 1 )


2011年 04月 08日

JACKと花見 其の五~ラスト~

f0203612_22493311.jpg


     今日の其の五の記事でJACKと花見の記事は終わりたいと思います。


     今回の花見では余興として「ビンゴゲーム」をしました。

f0203612_22532069.jpg


     このビンゴゲームで12家族を選びました。

     そしてその後アンドロイドアプリゲームの「HOT HOT FUGU」で4家族を選ぶことにしました。

     HOT HOT FUGUとは画面に出てくるフグを破裂させたら負けというルールなんです。

     どうやって遊ぶかというと、携帯をシェイクする(振る)と画面のフグがだんだんと膨らんでくるので、

     破裂させる前に次の人に渡し最後に破裂させた人が負けになります。

f0203612_2322034.jpg
f0203612_23221222.jpg


     このアプリで4家族を選びました。

     見事勝ち抜いたのは、つくしファミリー(賞品:リアルブタのおもちゃ)とすももファミリー(賞品:ワイヤレ

     スのマウス)とモコさんファミリー(賞品:ミニ加湿器)となおさんファミリー(賞品:SONG FOR JAP

     ANのCDの引換券)でした。

     残り8家族にはあみだくじをやってもらい3家族を選びました。見事勝ち残ったのはハルさんファミリ

     ー、あまやんαファミリー、ちいこファミリーの3家族でたまねぎスープの賞品をお渡ししました。


     それでは最後に勝手に台詞編をどうぞ~。

f0203612_23392412.jpg


f0203612_23395979.jpg


f0203612_2342916.jpg


f0203612_23442479.jpg


f0203612_23445572.jpg


f0203612_23451783.jpg


f0203612_23462259.jpg


f0203612_23473737.jpg


f0203612_23475318.jpg


f0203612_23482842.jpg


f0203612_23484112.jpg


f0203612_23485539.jpg


     JACK達はみんなを笑顔にしてくれます。凄いパワーを持っています。

     またこんな会が開けたらなと思います。



     ≪おまけ≫

     今日、こんな記事を目にしました。  

     被災者の本音がブログに投稿される
   「おまえらは(被災者)は1年ハワイでゆっくりしてきな」
   と言われたい


     東日本大震災で多くの人たちが被災し、現在もなお、多くの問題が山積する中、ある人物が書いた匿
     名ブログがネットで話題になっている。このブログを書いた人物は、福島に兄がいるようで、その兄が
     電話でその人物に話した内容が記載されているのだ。
     記事のタイトルは「頑張れとか復興とかって、多分、今言うことじゃない。」 とてもショッキングな内容で
     言葉をなくしてしまうかもしれないが、一度読むことをオススメする。それでは、その記事を一部抜粋
     (引用掲載)して紹介したいと思う。

     ・おまえ、家ないのに頑張れる? 服も漫画も、化粧道具も、アルバムも、大事にしてたもんも、全部
      いっきに無い。よし、頑張ろう! って思える?す げぇ言われてるんだけど、CMとかで、頑張れ頑
      張れとか。ちょっと気を許すと、「一緒に頑張ろう! 1人じゃない!」とか言うわけ。いや、おまえら家
      あるじゃん? そのCM撮ったら家帰ってるじゃんって。仕事もあるじゃんって。

     ・「いや、今はこっちで頑張るから、おまえらは1年ハワイでゆっくりしてきな」とか言われたい。「おまえ
      らが帰ってくるまでに片づけとくから。家も建てとくから」とか言われたい。そしたら、俺だって頑張る
      よ。

     ・俺、1人で逃げてきたわけ。誰も助けなかった。おばちゃんとか、何人も追い抜いて逃げた。重そうな
      もの持ってる人とかもいたのに。もう100万回くらい、100通りくらい後悔している。

     ・そんな俺たちがさ、避難所で、CMでアイドルや俳優を見てさ、「一緒だよ、1人じゃない」とか言われ
      るたびに、ああ、あの世界は自分たちとは、もう全然違ってしまったんだと思う。家がある人の言葉だ
      なーと。安定してるなーと。そんなCMとかして充実もしてんだろうなーと。

     ・募金は嬉しいよ。で、ボランティアじゃなくて、ビジネスで、仕事として、町を復興に来てくれた方が、こ
      っちも気兼ねなく色々頼めて気が楽。正直、ボランティアに「ありがとう」とか言うのも苦痛。

     また、この人物は、その兄に泣きながら「何かできることはある?」と尋ねたところ、「正直、不幸になっ
     てくれたら嬉しい。俺たちを幸せになんてふざけたこと思わないで、俺たちの分、そっちもみんな不幸
     になってくれたらなー」と言われたようだ。

     このブログ記事はネットで多くの注目を浴びており、これを読んだユーザーからは、「これが本当の被
     災者の気持ちだ」「一度この記事は読んだ方がいい」「重い言葉だ」「頑張れという言葉は、頑張れる状
     況にある人に使う言葉、今頑張るのは被災地以外の人たち」「これが本音だと思う」など数々のコメン
     トが投稿されている。

     このブログはコチラから

     普段とほとんど変わらない生活をしているとうちゃんはこの記事を読んで打ちのめされました。

     これが本当の気持ちなんだろうなと思いました。

     
[PR]

by mayusangel | 2011-04-08 23:59 | ジャックラッセルテリア