2010年 05月 12日 ( 2 )


2010年 05月 12日

とうちゃんの休日&Gニュース

f0203612_23254160.jpg


     今日は2編構成です。

【とうちゃんの休日】

     今日休みだったので、西宮ガーデンズのTOHOシネマズに「アリス・イン・ワンダーランド」を観に行っ

     てきました。

f0203612_2391661.jpg


f0203612_22585761.jpg


     アバターに続いての3D映画ですが、目まぐるしくてちょっと今回は目が疲れました。

     でも迫力はありました。

     アリス役のミア・ワシコウスカは可愛かったです。いかれ帽子屋のマッド・ハッター役のジョニー・デッ
      
     プは何の役でも上手に演じるなって思いました。内容は・・・・まあまあって感じです。

f0203612_2355967.jpg


f0203612_2361570.jpg


     次の3D映画は
f0203612_2395348.jpg
     かな?

     ブラウニーはというと
f0203612_23105264.jpg
     ガーデンズ内のHELLO DOGのペットホテルに2時間半ほど一時預けしました。

f0203612_2311734.jpg
   

     少しだけHELLO DOGのドッグランで遊ばせました。   

f0203612_23134630.jpg


f0203612_2314179.jpg


f0203612_23141550.jpg


f0203612_2314277.jpg


     こんな感じで、とうちゃんの休みは終わりました。


【Gニュース】

     巨人1-3西武

     今日から交流戦が始まったが・・・・・西武の岸にまたやられた。

     2回に3連打で1点先制したので、今回は勝てるって思ったんだけどな~。

     気を取り直して明日だ明日。
[PR]

by mayusangel | 2010-05-12 23:30 | ジャックラッセルテリア
2010年 05月 12日

続 素人交配とはブログとは

f0203612_23371984.jpg


     今日は、2編構成です。

【続 素人交配とはブログとは】

     前回の記事にたくさんのコメントをいただいたり、個人的に励ましのメールをいただいたりしました。

     ありがとうござました。批判や中傷するコメントを覚悟で掲載しましたが、今のところそのようなコメント

     はありませんでした。


     今回の記事も小梅ははさんの「JACKな毎日」ブログとは?交配とは?(2)の記事を

     転載したいと思います。

f0203612_2338766.jpg


     それではご覧ください。

     (中略)

     さて、前回からの続きです。記事の間が開いてスイマセン・・・・簡単なテーマでないゆえ、時間がない
     となかなか取り組む余裕が持てません。これからさらに仕事でバタバタしますが、この話題は最後ま
     で責任もって書き終えるつもりです。亀さんペースですが、どうぞお付き合いいただける方はお付き合
     い下さいませ。

     引き続きコメントくださった皆様、ありがとうございます。改めて、心ない書込みによるブログの被害が
     多いことを実感しました。書込みをされた方は、本当にその方々の考えを正したかったのでしょうか?
     それとも、ただ傷つけたかっただけなのでしょうか?後者であれば、大成功です。しかしもし前者であ
     ったなら・・・・方法を間違えれば正義は正義でなくなりますよ。そもそも攻撃でしか正義を名乗れない
     方、人を傷つけても平気な方に命の重さを語ることが出来るのか、私は疑問でなりません。

     いよいよ本題です。今回は素人繁殖です。決して私は素人の繁殖を勧めている訳ではありません。
     前回お話ししたとうり、安易にお考えなら是非やめてもらいたいと思っています。するのであれば、
     責任もって行ってもらいたい!素人だからいい加減と思われることをなくしていきたい、そう思ってこの
     テーマをとりあげました。なので、多くの方にとっては至極当たり前のことを書いていきます。
     でも・・・きっと、私だって知識不足。足りない所もいっぱいでしょう。(繁殖の知識は、小梅を出産させ
     た3年近く前の知識ですし)足りない所はどうか皆さんで補充して下さい。
     賛否含めて補足コメントは、随時反映してゆきたいと思っています。


     3)素人繁殖について
     -----------------------------------------------
     ○「ノリが軽いんですよ」さん
     責任を取るだとか、命の大切さを感じるだとか、そんなの当たり前。じゃぁ、生まれた子供全員が障害
     を持ってしまったら生涯面倒見きれるのでしょうか?可能性は0ではありませんよね?
     -----------------------------------------------

     いつも思うことは、こうした批判の中でいつも素人繁殖と命の問題が一緒に取り上げられること。
     本来は別の問題であるはずなのに・・・(このことは次回、また別に取り上げさせていただきます。)

     なぜ、素人だったら命を大切にしないと決めつけられるのでしょう?無責任・無知と決めつけられるの
     でしょう?なぜ心からの「考えた」と「悩んだ」という言葉が、こんなにも容易く否定されてしまうのでしょ
     う?

     それは、確かに一部の方達の間で安易な繁殖が行われている事実があるから。それどころか、安易
     にペットを迎え入れ、あげくに「手に負えないから!」という実に単純な理由で放棄される事実があるか
     らだと思うのです。

     例えば、人間の結婚だって「好き」という気持ちだけでは生活は成り立ちませんよね?動物を飼うこと
     だって同じ。「好き」だけでは成り立ちません。ご飯も食べれば、ウンチだってする。(犬なら)お散歩だ
     って行かねばならない。当然、お世話と言うものが発生します。でも、これは最低の義務!本来はそ
     の動物を飼う前にはその特性位は勉強し、その特性を守れるだけの環境が自分に与えられるのか?
     (いろんな意味ですよ。経済的・スペース的・時間的・・・etc,etc)その動物の寿命が尽きる最後まで
     見届けられるのかどうか?しっかりと検討してから迎え入れるべきででしょう。

     犬であれば、見た目の好みだけでなく、その犬種による特性も知っておくべきかと思います。(性格・手
     入れ・将来のサイズ・経済的負担・遺伝的疾患 etc )将来、こんなはずじゃなかった!と手放すような
     ことにはならないよう・・・最後まで責任もって飼ってくださるよう・・・

     ペットは、物でも、ファッションでもなく「命」です。「愛す」ということは、ただ「カワイイ」と思うことではな
     いはず。(当然ながら)それに伴う責任を果たすことなのだと思います。愛しているなら、そのコをもっ
     と「幸せ」にする方法を考えていきましょう。今は知ろうと思えば、いくらでも調べることができる時代な
     んですから。「知らない」は怠慢でしょう。「無知」は罪ですよ。

     それでも、その方達の満足できるプロ並の知識には及ばないかもしれない。すべてのことが出来る訳
     じゃない。(例えば、みんなが自由に遊ばせられる広い庭がある訳じゃない。みんなが毎日2時間もお
     散歩に行ける訳じゃない。みんながお留守番をさせずに済む訳じゃない。みんなが毎日ごちそう(生
     肉?手作り食?)を食べさせられる訳じゃない。)それぞれに事情があるから・・・でも勉強して知って
     いれば、その中で何ができるか努力が出来るはず。知らなければ、努力すらしないということですから
     ね。「繁殖」も同じ。本当にそのコを愛しているなら、ちゃんと勉強してから行って下さい。その「責任」を
     果たして下さい。例え「我が子の子供を見てみたい」という情の部分から始まっても、もっと一人一人
     の方がその自覚と責任を持って行っていけば、こんなにも心配・非難をされることは無くなっていくの
     かなと思います。

     半ブリーダー的なことをしていた友人が言った言葉です。「元気な子犬が生まれると言うことは奇跡の
     ような出来事だから・・・」ちなみに、彼女はもう子犬を生ませることをやめています。

     間違った交配が行われぬよう、とりあえず繁殖に気をつけることを羅列してみました。間違ってること
     があれば教えて下さい。

     交配まで~
     1. 信頼出来る獣医さんと良く相談し計画を立てて交配して下さい。(健康状態・遺伝的疾患のチェック
      等)この部分はネットでもちょっと調べれば、どんなに怖いものかわかる記事にぶちあたります。(若
      年性白内障,鼠径ヘルニア,パテラ,奇形,ペコ・・etc,etc)まずは自分がこれに向き合えるかどうか、
      じっくり考えてみて下さい。それでもと思ったら、獣医さんとよ~くご相談下さい。万が一の応急処置
      の指導もちゃんと仰いで下さい。

     2.近親交配になっていないか血縁関係の確認をして下さい。奇形や死産、弱い個体が生まれる確立
      が極端に高くなります。むしろ(一部)プロの方達の方がされてるみたいです。かつて医療関係の仕
      事につき、わずかながらでも医学を齧った者として、絶対してはならぬこととをプロがやっている事実
      に驚きました。スタンダードを守るという建前があるとは言え、命の問題として素人繁殖を反対される
      プロの側で、このようなことをされていることが残念でなりません。スタンダードの名の元では命は二
      の次なのか?疑問を持ってしまった私でした。

     3.スタンダードを理解して下さい。いつもうジャックの様子を見るにつけ、これほどまでに同じ犬種で
      違う外見の犬もいないなと感心します。大きさ・足の長さ・毛の色・毛の長さ・耳 etc。元々狩猟用だ
      ったジャック。その目的のために都度都度いろんな犬を掛け合わせて来たようですね。究極のMIX
      犬ジャックは、調べれば調べる程、スタンダードがわかりにくい犬だなと思います。例えばオーストラ
      リア系(コーギーが入っているから短足で穏やか)とイギリス系(足長さんのパーソン系)でも全然違
      いますよね?オランダではアナグマと戦わせるため、より闘争力を増すためブルドッグとも掛け合わ
      せているらしいし・・・(ブルテリアっぽいコがいるのはそのせいか?)多分ブリーダーさんによっても
      解釈が違うのでしょうか?パーソンとジャックの分類も、世界的にはまだはっきりと統一できていない
      ですよね?
      でも、確かに我々の愛犬がここに存在するのも、これまでスタンダードを守ってこられたブリーダー
      さんのおかげだし、そのブリーダーさん達の努力を無にしないためにも、子犬を生ますなら・・・特に
      誰かに譲ろうとするなら・・・・ジャックのスタンダードをひととうり勉強してください。
 
      でも・・・・いざ出産になれば、素人は、「どんなコでもいいから元気に生まれますように!」と願いま
      す。きっと人間の時と同じですね・・・素人にとっては、例えそのコがどんなにスタンダードから外れて
      いようが、どんな障害があろうが、皆同じように愛しい存在であることは変わりありません。よく障害
      の有無のことを例えに出される方がいらっしゃいますが、生まれたその瞬間から、このコ達を守ろう
      という沸き上がる思いは止めることが出来ません。私に出産経験はありませんが、きっと我が子を出
      産されたお母さんの気持ちとはこういうものなのかなと思いました。きっと障害があるコなら余計に手
      放せないと思いますよ。 (小梅の母犬の飼い主さんがそうでした。)なので私個人は、正直言えば
      あまり過度な選別はそのコの存在を否定するようでどこか違和感を感じてしまいます。そのことを納
      得していただいた上で、家庭犬として暮らすなら何の問題もないはず。(売買する訳でないですし
      ね。)

      もちろんスタンダードを守るブリーダーの方々の努力を否定するものではありません。なので我々も
      勉強すべきなのですよね。ただ・・・いくらプロの元でもそうしたコが生まれる可能性はゼロじゃない
      はず。いくら気をつけてもリスクとはそういうものでしょう?その命はいったいどうなっているのでしょう
      か?生涯面倒をみていらっしゃるのでしょうか?素人は、規格からはずれたからといって簡単に×は
      つけられません。プロ・素人関係なく、命に×をつけないことをただただ願うばかりです。
    
     4. 出産に伴うリスクを理解して下さい。 犬が安産とは限りません。我が家は幸いにして安産でした
      が、むしろ難産の方が多いように聞きます。母体(あなたの愛犬)が死んでしまう可能性だってありま
      す。障害のあるコが生まれるかもしれません。これについては上記と重なる部分がありますので省
      略します。

     -----------------------------------------------
     ○炭谷のママさん
     愛犬の出産 -------------
     家では1頭の子犬の命を救う事が出来ず自分の無力や不甲斐無さに何日も何日も思い出しては泣き
     ました。一生忘れることはないと思います。自分で決めたのだから、責任も自分です。場面毎の後悔
     はありますが、COOLLYが生まれたことへの後悔はありません。商売目的で産ませて崩壊している
     ようなプロとは比べ物にならない愛情を持って暮らしています。
     -----------------------------------------------

     生まれる前にいろんな覚悟はしたはずです。いろんな知識も身につけました。でも、実際のそれを体
     験して感じるものは、もっともっと強いものでした。悲しい出来事はより悲しく、より一層心に響きまし
     た。実際に体験された方はもっともっと悲しく、我が身を責められたことでしょう。他にもいろんな方か
     ら沢山の悲しい体験を聞きました。それらを聞くにつけ、改めて我が家の「奇跡」のような出来事に感
     謝するのです。

     -----------------------------------------------
     ○みぃ&まぃさん
     不思議なもので、病院へ行って先生に繁殖させたいことを相談したり、ネットで色々なリスクをが有る
     ことを調べたりするにつれ、不安も大きくなります。

     ○こじろーさん
     覚悟はあります。準備もしてます。それでも、それでも。強い信念、心、愛情を持ち合わせて居ないと
     潰れます。時間、環境、色々と犠牲に成る物も沢山有ります。今の所、余裕をかましている事が出来
     ない自分が情けなく思ったりもします。でも、自ら望んだ事、全てを受け入れる事は何も迷う事は無い
     です。人の親としてもあるのに、ももの事で動揺してしまうのは何故??
     -----------------------------------------------

     これから交配・出産を考えられるお二人です。そうですね、勉強すれば勉強する程怖くなりますよ
     ね?お二人がこのことに真剣に向き合い、本気で調べられた証しだと思います。でも・・・多分、元気な
     コを見て安心するまでは、その怖さは無くならないように思います。私がそうでした。でもね、生まれた
     コを見た途端、あんなに悩んでいたのがウソのように強くなれた自分もいます。だって、守れる人間は
     自分しかいないのですから・・・・すでに、人の父となり母となってるみぃ&まぃさん・こじろーさんは 
     もう持ち合わせているものなのかもしれませんよ。きっとこじろーさんが動揺されるのは、我が子の時
     には祝福されたことが、愛犬のことでは非難されるから・・・・悲しいですね・・・同じ愛情で、同じ覚悟で
     (むしろそれ以上で)臨まれているはずなのにね。

     これから考える皆さん・・・・
     「怖い」と思わなければ、まだ自分の勉強が足りないのかもしれません。どうぞ、お二人のようにそれ
     位の覚悟でお臨み下さい。
         
     素人繁殖反対の見地から、ここまでは本でもネットでもいろいろと調べることができます。ところが出
     産後のことになると、あくまですべきでないという前提なので、極体に情報が減ります。なので、ここか
     らはあくまで私の一個人としての経験を語りますね。

     5. 子犬の育児は想像以上に大変です。母犬の母性は個体によるようです。我が家は離乳の1ヶ月半
      までは母犬が面倒を見ましたが、生まれた時からまったく面倒見ないコもいるようです。その場合は
      授乳・下の世話、母犬がするすべての面倒をみなくてはなりません。我が家は離乳時期からまった
      く面倒を見なくなりました。そのころの大変さは当時の記事をご参考にして下さい。子犬は4~5時間
      おきにエサを要求します。寝る時間もありませんでした。毎日出る下の世話で、手はバリバリになり
      ました。(人間の子育てと同じですね)子犬達の日々大きくなる声に、ご近所からの苦情も気になり
      ました。ものすごく下世話な話をすればお金もかかります。私はワクチン・登録代などにかかった経
      費のみいただきましたが、実際は病院代・エサ代・おびただしい数のトイレシート代・気温調整のた
      めの冷暖房費(我が家は冬だったためほぼ一日中、暖房をかけていました。)・・・etc,etc 見えない
      経費が想像以上にかかりました。私は育児の3ヶ月間仕事を休みました。お金は出て行く、収入は
      減る・・・素人たるもの採算はまったく考えず愛情を注ぎ込みましたが(それは、子犬達をお引き受け
      いただいた方への義務・責任と思い)考えれば、結構シビアな状況だったかもしれません。
       
     6. 手続きを面倒がらないで下さい。血統書にはオス側のDNA登録、メス側の犬舎登録が必要です。
      また子犬を売買するなら動物取扱業者として登録が必要です。よく血統書を作る必要がないので
      は?と問われる方がいます。確かに、我が子となってしまえば血統書の有無なんて関係ないもの、
      心情的には私自身も血統書をあまり重要視していません。本来血統書に価値があるのなら、それを
      持った犬同士の交配に何の問題はないはずです。でもこうも問われると言うことは、あまり意味ない
      ものなのかと思ってしまいますよね?単に純粋同士の繁殖を証明する、戸籍みたいなものと聞きま
      す。面倒くさいからと言ってとらない方もいます。でも、私はできれば子犬のためにとってあげて欲し
      いと思います。せっかくちゃんとした親の元に生まれて来たんですから・・・・(親やそのまた親にCH
      がいれば、なおさらね。実は、小梅はこれでもそこそこいい血統の子なんですよ。母犬方にはオース
      トラリアCH多数で、母犬自体も繁殖に使われていたコ。父犬はブリーダーさんの元で種犬をしてい
      たCH犬です。))もしどなたかの元へ行くのなら、その方への「このコはちゃんとした血筋ですよ!ど
      うか大事にして下さい!」という、送り出す側からのお願いメッセージだと思っています。

     7. 子犬に社会化を身につけさせるため、子犬を出す時期は生後2~3ヶ月まで待って下さい。将来の
      犬の性格形成に大きく関わるそうです。ペットショップではまだ2ヶ月にも満たない子犬が並んでいま
      す。でも本来はその時期はまだ離乳食を食べ、母犬や兄弟犬達が恋しい時期です。一匹でガラス
      の向こうでボンヤリと佇む子犬を見ると、胸が締め付けられる思いです。以前からそんな思いはあり
      ましたが、子犬を育ててからその思いは尚一層強く感じるようになりました。我が家のコ達は同月齢
      時、まだ兄弟達とコロコロとはしゃいでいました。早く出せば母犬側にとっては楽ですし、相手側の方
      も子犬の一番かわいい時期を一緒に過ごされたいと思うと思います。でも、どうかここは相手の方に
      ご理解いただき、子犬の幸せを一番に考えてやって下さいませ。
    
     -----------------------------------------------
     ○まっちゃんさん
     まっちゃんは素人のブリーディングが全てダメだとは思いません。そしてプロだから安心できるとも思
     ってはいません。プロのブリーダーさんの中には、計画的と言いながら近親交配している方も多いで
     す。数の少ない純血腫を守る為には仕方がないのらしいですが、リスクはあります。また売れ残った
     子は検体に出すなどという話も聞いたことがあります。もちろん、とても良心的なブリーダーさんもい
     ますよ。

     ○ハルさん
     ダックス等の特定の犬種、色素が薄い等の障害が出る可能性が低くない固体、明らかに繁殖に向か
     ない固体、悪徳ブリーダーと無知な素人繁殖は反対です。ペットショップの仔犬の展示販売もカワイ
     イの向こうに生後30日過ぎに市場に出す繁殖屋・・・ブルーに・・・。トラの向こうには両親と兄弟とそ
     の家庭・・・シエロさんもチラリ・・・それぞれの思い、大切にしていきたいと思います。素人の安易な繁
     殖は、当然するべきではありませんがリスクも含めて全てを受け入れる覚悟があるのであれば、反対
     される理由はないと思います。
     -----------------------------------------------

     素人の繁殖について、実に的を得たコメントをいただいています。

     -----------------------------------------------
     ○テリーさん
     繁殖したい方へ -----------繁殖について相談をするなら、動物病院は畑が違いますよ。怖がらずプ
     ロの優良ブリーダー(特に今回はジャックを専門にしている)に相談しましょう。その情熱、知識、経験
     から学び考えることのほうが大きいでしょう。

     最後にプロと素人の違いですが、「愛犬が愛おしくてたまりません!」と「ジャックラッセルという犬種が
     愛おしくてたまりません」という違いです。素人の落とし穴は、情が入るのでジャックラッセルテリアとし
     て客観視できなくなる点です。そのためにJKCスタンダードを解釈してもいいですよね。スタンダードを
     鵜呑みじゃなく解釈することをおすすめします。

     でも、愛犬が愛おしいから生ませるなら、自分で仔犬を引き取ることが前提でしょうから特に問題はな
     いと思うなー。(それなら相談はやっぱり病院か?)他人に譲るなら考えたり勉強しないとね。
     -----------------------------------------------

     私・・・より過激になってますか?
     もう一回だけ語らせて下さい。次回は「命」を考えます。                       以上



     凄く考えさせられる記事です。ここまで考えて行われている行為を、素人繁殖は反対ということだけで

     自分が正義でもあるかのように批判、中傷をされる方、もう一度考え直して欲しいですよね。

f0203612_23384334.jpg



     もう一回小梅ははさんの記事を転載する予定です。
[PR]

by mayusangel | 2010-05-12 23:23 | ジャックラッセルテリア