2011年 04月 21日

甲子園第2戦

f0203612_23544263.jpg


     今日も甲子園に観戦に行って来ました。

f0203612_0432568.jpg


     いつものアルプススタンドからレフト指定席で観戦したのですが、周りにジャイアンツファンはいなく、

     いつもなら気にせず着るGユニTはさすがに着れる雰囲気ではありませんでした。

     全く黙って観戦しました。

f0203612_044572.jpg



     先発は内海と思ったのに

f0203612_0442921.jpg


     来日初先発のトーレスだった。

     スターティングメンバーは、
f0203612_0493621.jpg

     1番ショート坂本、2番セカンド脇谷、3番ファースト小笠原

f0203612_0503182.jpg

     4番レフト ラミレス、5番ライト高橋、6番センター長野


     7番サード亀井、8番キャッチャー加藤、9番ピッチャー トーレス


     途中出場した
f0203612_058528.jpg

     谷、ライヤル、寺内

f0203612_058546.jpg

     矢野、鶴岡、鈴木尚

    
     トーレスからの継投は
f0203612_119767.jpg

     内海→久保→ロメロだった。

  
     試合は4回に亀井のタイムリーで2対2の同点にしたのに、7回に新井良太のセカンドゴロを脇谷がエ

     ラーしチャンスを作られ鳥谷の犠牲フライで2対3と逆転された。ちょっと嫌なムードになるもブラゼル

     のセカンドフライを脇谷がポトリと思ったが疑惑のアウトで何とか7回終了。

     しかし、
f0203612_183765.jpg

     真弓監督の抗議中。


     そしてジャイアンツのチャンスは8回の表、小笠原が内野安打で出塁し

f0203612_1105486.jpg


     これにもファーストのジャッジに抗議する真弓監督
f0203612_1114118.jpg


     続くラミレスもヒットで続き
f0203612_1124770.jpg


     高橋はフォアボールを選び、続く長野は今日絶好調の3安打猛打賞
f0203612_1193382.jpg


     期待通り3塁新井へ強襲の2点タイムリーヒットを打ち、
f0203612_1204615.jpg


f0203612_1242160.jpg


     亀井が叩きつけた打球はボテボテの内野安打でもう1点追加し5対3とした。
f0203612_1221443.jpg


     8回裏は久保が出て3人で打ち取り、9回は山口かと思ったのだが
f0203612_124284.jpg


     ロメロがストッパーとして登板したのだった。今日の原監督の采配は奇襲というか、中継ぎで内海を

     使ったりと、通常パターンでないことが多かったように思える。

     ロメロは制球が定まらず、ワイルドピッチで1点を与え5対4にされてしまったが、代打の切り札の

     桧山を三振に抑えゲームセット
f0203612_1285074.jpg


f0203612_1291383.jpg


f0203612_1292749.jpg


     昨日といい今日といい、接戦でとてもいい試合だったと思う。

     しかし、今日の席はもう2度と経験したくない席だった。周り全部が阪神ファンに囲まれ、ジャイアンツ

     の応援ができる状態ではなく、頭の上では阪神を応援するメガフォンの音。

     そして酷いヤジ合戦。脇谷の疑惑のセカンドフライの時は「気ー悪いわー」「正直に言いや~」とおばさ

     んが大声でののしっていた。

     3塁アルプスはそれなりにジャイアンツファンもいるし、もう少し上品な方が多いような気がした試合だ

     った。

     明日は応援に行けないが頑張れジャイアンツ。澤村君かな?
[PR]

by mayusangel | 2011-04-21 01:13 | 読売ジャイアンツ


<< 造幣局の桜の通り抜け      甲子園第1戦 >>